ツーリズムEXPOへ出演しました | 万博首長連合
REPORT

ツーリズムEXPOへ出演しました

万博首長連合の会員自治体が出演したイベントのレポートをお届けします!

世界中から観光関係者が集結する世界最大級の旅の祭典。
70ヵ国の国と地域、1,275の企業・団体が出展し、来場者はなんと約15万人でした。
趣向を凝らしたブースがたくさんありワクワクする旅への発見にあふれていました。

【10月26日(木)万博を契機とした観光ツーリズムへの取り組み PARTⅠ】
阪口相談役・長野市長(大分県別府市)・溝畑大阪観光局理事長が万博プラスワン観光や温泉ツーリズムについて、観光業界の高付加価値化などについてディスカッションしました。
別府市で行われる1000トンのお湯と音楽を浴びながら、 仲間たちと飲食を楽しむ、今までにない大型フェスの紹介も。
包括連携協定を締結している大阪観光局からは高付加価値のツアーについても話が出ました。

【10月27日(金)万博を契機とした観光ツーリズムへの取り組み PARTⅡ】
澤井会長(大阪府松原市)・高橋役員(新潟県村上市)が登壇し、首長連合の概要や活動内容、万博への期待などを発信!
また、両市ともにスケボーパークを活用した街づくりに取り組んでいるという共通点を活かし、ナレッジの共有と魅力のPRを行いました。
村上市のスケボーパークは海外選手の合宿に利用されていることを踏まえ、万博を契機とした更なるインバウンド需要の獲得に向けて、新たなゴールデンルートの開拓等について旅行業界関係者への提案等を実施しました。

【10月28日(土)2025年丹波篠山国際博 / デカンショ節×ginjiro】
兵庫県丹波篠山市が登壇し「丹波篠山国際博 日本の美しい農村」を紹介と日本遺産「デカンショ節」を披露しました。
#万博音頭プロジェクトのアンバサダーであるインフルエンサーginjiroさんとコラボし、デカンショ節EDMバージョンもお披露目!
来場者と一緒に踊ったりSNS発信用ショート動画の撮影を行ったりしました。
また、丹波篠山市のマスコットキャラクターである猪と豆をモチーフにした「まるいの」「まめりん」が登場し、ステージを賑わせていました。

【10月29日(日)まるっといただき阪南市×加西市
大阪府阪南市と兵庫県加西市の担当者と各市ゆるキャラのはなてぃとねっぴ~が登壇し、互いの市の魅力をプレゼンしあいました。
阪南市が用意したノベルティをかけたじゃんけん大会など、客席も巻き込んで地域をPR。
ステージ後には来場者とゆるキャラの撮影タイムも実施し、家族連れが多く参加してくれました♪
万博首長連合の「紡ぐ・繋ぐ」コンセプトに沿い、両市がステージ上で交流する試みを行い、特産品やイベントを紹介しながら楽しい雰囲気で進行できて幸いです。

TOP