【EXPOコラム】第1回 万博とは何か? | 万博首長連合
万博関連情報

【EXPOコラム】第1回 万博とは何か?

今月から、博覧会協会の西本上席審議役のコラム掲載を始めます!
万博の魅力を深く知ることのできる充実の内容を毎月皆様にお届けします。
回を重ねるごとに、日本で開催される貴重な機会である2025年の万博が楽しみになること間違いなしです。

公益社団法人 2025年日本国際博覧会協会
経営企画室 西本 敬一 上席審議役

第1回 万博とは何か?

2025年日本国際博覧会協会の西本敬一と申します。いよいよ来年4月に大阪・関西万博が開幕します。その魅力をより多くの方々に感じて頂くべく、今月から全国の自治体広報誌に連載をさせて頂きます。第1回は「万博とは何か?」です。

万博を巡っては、報道等も含めて様々な疑問が挙げられます。テーマパークや見本市と何が違うのか、インターネットや海外旅行の時代に必要なのか等々の疑問です。そこで第1回は、そもそも「万博とは何か?」について3点紹介します。

○公衆の教育
1点目は「公衆の教育」です。国際博覧会条約第1条には、万博の定義として「公衆の教育を主たる目的とする催し」と書かれています。やや堅苦しい表現ですが、世界と未来を「学ぶ」人類最大のイベントと言い換えても良いでしょう。主体性や対話を重視するアクティブラーニングにも通じることから、教育関係者の皆様にも万博を活用頂けるとありがたいところです。

○時代を映す鏡
2点目は「時代を映す鏡」です。170年の歴史を誇る万博は、常にその時代時代を反映してきたイベントです。万博は未来のイベントと思われがちですが、実は「世界の今を知り、未来を考え想像する場」が万博です。SF的未来ではなく、想像可能な近未来がポイントです。大阪・関西万博には既に161の国・地域が参加を表明済で、70年大阪万博の2倍を超えています。これ程の規模で世界の今をリアルに知る場は、万博以外には存在しません。

○世界の人々が一堂に会する場
3点目は「世界の人々が一堂に会する場」です。共通のテーマの下、半年間もの長きにわたり、世界の人々が同じ場所にリアルに集う比類なきイベントです。海外各国のパビリオンのみならず、日替わりで各国のイベントや記念式典が楽しめるナショナルデー等、世界中のあらゆる人々の息づかいをリアルに感じ、深く対話し交流できる一生に一度の機会といっても良いでしょう。2005年の愛・地球博では、多くのリピーターの方々が世界の人々とのリアルな対話と交流を楽しみました。

万博とは何か?について、公衆の教育、時代を映す鏡、世界の人々が一堂に会する場の3点を紹介しました。次回以降、このような万博が持つ魅力をお伝えすることで、多くの方々にとって、来るべき大阪・関西万博が一生に一度の機会となるようお手伝いさせて頂きます。

提供:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

TOP